医療脱毛とエステの違いを知って使い分け

医療脱毛とエステの違いを知って使い分け

医療脱毛と、エステで受ける脱毛には違いがあります。それぞれのメリットデメリットがあるのでそれを踏まえて比較検討してみてください。自分の目的とする脱毛に合ったほうを選ぶには、よくその違いを把握しておく必要があります。

2つの最大の違いはレーザー機器

医療脱毛で使うレーザー機器は医療用のレーザーになります。そのため、高出力での照射が可能です。永久脱毛ができるといわれる所以は毛母細胞そのものを破壊することによります。この細胞を破壊することこそが医療行為となり、エステのレーザーでは受けられない施術です。一方、エステで受けられる脱毛は光脱毛と呼ばれ、エネルギーは弱めです。低出力の光を皮膚に照射し、毛根へダメージを与えます。医療脱毛でも場合によってはこのタイプが使われますが、出力レベルが異なります。繰り返し照射していくと光脱毛でも毛は生えにくくなってきます。

施術回数と料金も違う医療脱毛とエステ脱毛

医療脱毛の場合は、脱毛が完了する期間が短いです。なぜなら、1回の施術でも脱毛効果が高いからです。そのため、エステよりも通う回数は少なくて済みます。通う回数は少ないですが、料金はエステの脱毛よりも高いです。エステは医療脱毛よりもたくさん通う必要がありますが、料金は安く済みます。エステには脱毛し放題のコースもありますし、低出力なので痛みが少なく火傷もしにくいです。医療脱毛は医療用の麻酔ができますが高出力なので肌へのダメージもそれなりにあります。剛毛でエステの脱毛では何度も通う必要がある人は医療脱毛が、そこまで毛の処理に困っていない人はエステ脱毛にするなど、自分に合うほうを選んでください。

脱毛部位によっても選びわけをする

どちらに通うかはその人の毛の質を考慮するのも大事ですが、脱毛する部分によっても使い分けをすると楽に脱毛できます。例えばVIO部分ですが、ここは非常に敏感な部分です。医療用の高い出力だと痛みを強く感じてしまいます。そのため、光脱毛のほうが痛みに弱い人は適しています。顔の脱毛は産毛の処理も含まれます。産毛のように細かな毛は光脱毛では難しいです。医療用のレーザーを使ったほうがうまく処理できます。全身脱毛をしたい場合には料金を気にするのであれば光脱毛の方ですが、より永久脱毛を望むならば高くても医療脱毛を望むべきです。

まとめ

より効果の高い医療用レーザーで脱毛するのか、威力は低くても料金が安く痛みを感じにくい光脱毛にするかは毛の質や脱毛したい部位、お財布と相談しましょう。どちらにもメリットデメリットはあるのでどちらがいいかはその時の状況により賢く使い分けをしてください。

比較ページへのリンク画像