黒ずみがあってもできる医療脱毛

黒ずみがあってもできる医療脱毛

カミソリでのムダ毛処理やニキビ跡、乾燥、アトピーなど、様々な原因で肌に色素沈着ができます。昔は色素沈着があると医療脱毛ができないのが一般的な認識でした。しかし今は黒ずみがあってもできるレーザー脱毛が開発されています。

脇の下やビキニラインの黒ずみの原因

脇の下やビキニラインなどは、初心者に人気の脱毛パーツです。しかし、脇の下やビキニラインは色素沈着しやすいエリアです。脇の下が黒くなるのは、カミソリやシェーバーで刺激することが原因です。刃物で目に見えない傷がつき、メラニンが活性化して黒ずみになります。ビキニラインはショーツの摩擦でメラニンが活性化して黒ずみます。こうした色素沈着が気になって、脱毛を躊躇している人もいます。確かに昔は黒ずみがあると医療脱毛ができないことが多かったです。しかし今は肌の黒さに関係なくムダ毛を脱毛できるレーザーが登場しているので、色素沈着があっても大丈夫です。

バジル領域に働きかけるレーザー

クリニックによって導入しているレーザーの種類が違います。そしてレーザーの種類によっては、肌に黒ずみがあると脱毛ができないこともあります。どんなレーザーを導入しているかは、クリニックのホームページに記載されてあります。今までのレーザーは、メラニン色素に反応するタイプが主流でした。このタイプは色素沈着があると脱毛できないことが多いです。黒ずみに効果があるレーザーは、バジル領域に働きかけます。バジル領域は発毛因子を作る領域です。メラニン色素ではなくバジル領域にダメージを与えるレーザーなら、色素沈着があっても問題なく脱毛ができます。

スキンケアで肌の色素沈着を解消する

バジル領域を破壊するレーザーなら、色素沈着のある肌でも医療脱毛ができます。しかし、それでムダ毛はなくなりますが、色素沈着が治るわけではないです。レーザー脱毛というのは、肌から水分を奪います。そのため、そのまま放置しておくと乾燥が促進して色素沈着がひどくなることがあるので注意が必要です。黒ずみを改善するには、日頃の丁寧なスキンケアがとても重要になります。肌の乾燥にはセラミドやヒアルロン酸、色素沈着にはビタミンC誘導体のローションが効果的です。また、刺激を与えるとメラニンが活性化するので、強めのマッサージなどは控えることが大切です。

まとめ

黒ずみがちな脇の下やビキニラインも、バジル領域に働きかけるレーザー脱毛なら安心してムダ毛を処理できます。痛みはなく、それでいてしっかり発毛因子を破壊できる脱毛です。また、メラニン色素に関係ないので、色素が薄いうぶ毛や白髪の脱毛もできます。

比較ページへのリンク画像