知っておけば安心して任せられる!医療脱毛の仕組みとは

知っておけば安心して任せられる!医療脱毛の仕組みとは

プールや海に入る時に、毛が濃いと恥ずかしくてなかなか積極的に行くことができません。そんな時におすすめなのが、医療脱毛です。医療脱毛の仕組みを知ることで、安心して施術を受けることができます。医療脱毛の仕組みを説明しますので、参考にしてみてください。

レーザー脱毛のメカニズムとは?

レーザー脱毛とは、皮膚の表面にレーザーを照射することで、毛根や毛になる母細胞に刺激をして壊していく方法です。レーザーは、波長によって特定の色や物質に反応する「選択的光熱治療」をすることができます。脱毛の際は、皮下の毛の色やメラニン色素の黒さに反応することで効果を得ることができるのです。ターゲットを絞っているので、皮膚の表面などを傷つけることなく施術することができます。レーザーの熱を毛が吸収して毛包全体が熱くなり、毛を作っていく部分や毛母細胞を壊していくことで、毛が生えづらくなるというメカニズムです。

毛の種類によって向き不向きはあるの?

医療脱毛で多く使われているのが、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーです。しかし、男性の髭などには効果を得るまでに時間がかかることから、他の機器も併用して使われています。毛の種類によって多少の不向きがあるので、それに合わせた機器を選択することが大切なのです。医療脱毛では、医師からの説明の後に選択することができるので安心して任せることができます。また、色素に反応するため、色素沈着がある部位や、シミ、ほくろのある部位には不向きです。しかし、脱毛の機器を使うことで、それらを白くする治療も行えます。これは医療脱毛ならではの治療になるので、相談してみるといいでしょう。

レーザー脱毛のメリットと注意点

レーザー脱毛のメリットは、医療機関で受けることができる安心さと痛みが少ないことです。また、比較的短期間で終わることができます。脱毛は身体に照射するので、肌が弱い人や心配事がある人は医療機関で行うことで安心して任せることができるでしょう。レーザー脱毛は痛みに過敏な方にもおすすめで、少ない痛みと施術回数で成果を出すことができます。黒く太めの毛に適しているので、脇やVライン、脚、腕などの濃い毛には効果的です。注意点では、産毛や髭には不向きであること、日焼けや色素沈着の度合いで受けることができない場合があることです。

まとめ

医療脱毛であるレーザー脱毛の仕組みについて説明しました。照射をすることで、毛の周囲の組織を破壊し生えづらくなるというメカニズムです。また、毛の濃さや種類で不向きな場所もあるので、医師と相談しながら行うことがいいでしょう。

比較ページへのリンク画像